※※冬のトラブル!エコキュートの凍結対策※※

※※冬のトラブル!エコキュートの凍結対策※※

2021年12月11日

 

 

寒気もいよいよ厳しいものとなってきました。

今回は冬場の代表的な住まいのトラブルについてとその対策をご紹介いたします!

 

 

昨年は福岡でも稀に見る寒さで1月上旬には雪も降り、大変だった記憶がある方も多いのではないでしょうか。

そんな厳しい冬によく耳にするトラブルが「エコキュートの配管凍結」です。

 

寒冷地方よりも比較的暖かい北九州でも、冬場にはお客様から「お湯が出なくなった」等の問い合わせは多数ございます。

エコキュートは屋外に設置していることや、そのシステムの特性上、外気温の影響をとても受けやすいのです!!

配管が凍ってしまっても、しばらく待って溶ければお湯が出るようにはなりますが、

最悪の場合、凍結のダメージで配管の破損の恐れもあります。

 

 

これを機に凍結対策について知り、冬本番に備えましょう!

エコキュートの凍結対策としては以下のものが挙げられます。

 

 

 

①お湯の蛇口から少しだけ水を出しておく。

まずはリモコンの給湯温度を「水」に設定し、鉛筆の芯ほど太さの水を出しっぱなしにしておきます。

水道代が気になるところですが、バケツなどで受けて置いて洗濯用の水などで利用すれば安心です♪

 

②入浴後にお湯は捨てない!!はったままにしておく。

ご家族全員がお風呂に入ったあとは、循環口の中心から10センチ以上を目安のお湯を残しておきましょう。

フルオートタイプのエコキュートであれば、外気温が3℃を下回った時、配管の凍結予防運転を自動で行います。

この機能により、残り湯を配管内で流動させ、凍結を防ぐことができます。

 

③配管に保温対策を施す。

ホームセンターなどで売っている配管保温保護カバーを配管に取り付けたり、凍結防止用のヒーターを取り付けるというのも

対策の一つです。

また、エコキュートの配置場所によっては、直接風があたらないように風よけ対策をするだけでも凍結防止になりますよ!!

 

 

 

 

いかがでしたか?

以上の凍結対策で寒い冬を乗り切りましょう!!

 

何かご不明点やご質問などがあればお気軽にお問い合わせください。

 

Tel:0120-154-784


家づくりはもちろん、土地探しや資金計画のご相談など、お気軽にご相談ください。

© 2020 NAKAYASHIKI Co. Ltd.