暮らしのコラム

平屋建てが自慢の無駄のないコンパクトな住宅 間取り

注文住宅の間取り 2022年2月9日

今回紹介する住宅は、ご家族4人が暮らす平屋建てが自慢の住宅です。
コンパクトな住宅ではありますが、敷地面積を最大限活用することで、無駄なく便利な暮らしが送れるよう設計に工夫が施されています。
また、男の人ならだれもが憧れる、独立した書斎も完備しました。

コンパクトな平屋であっても、家族4人で暮らすのに十分な空間を演出できます。
近年、平屋建ての住宅は注目度が増しており、検討している方も多いのではないしょうか?
そのような方にとって、今回紹介する住宅は非常に参考になるかと思います。
それでは、無駄なくコンパクトにまとめ上げた平屋建て住宅を詳しく紹介していきましょう。

コンパクトかつシンプルな平屋建て

今回ご紹介する住宅は、平屋建てを採用しています。 平屋は段差の無いバリアフリーな生活が実現されることから、これまでは特にご年配の方から人気を集めていました。 しかし最近では、子育て世代のご夫婦でも平屋を選択されることが増えています。 今回ご紹介する住宅に住むご夫婦も、2人のお子様を育てていらっしゃいます。

平屋にすると、部屋数が限られてしまいそうですが、内装を工夫することでスペースを有効活用できます。 階段が必要ないので、思ったよりも使えるスペースが広いのです。 この住宅も、スペースを無駄なく利用することで、LDKに加え子供部屋2部屋、ご夫婦の寝室、ご主人の書斎を確保しています。

ご主人様の希望を叶える独立した書斎

この住宅最大の自慢は、ご主人様の希望を叶える独立した書斎でしょう。 住宅の中央部に、個室の書斎を配置しています。 2帖半程度と決して広くはありませんが、完全個室の書斎を持つことは男性にとって夢でもあります。

独立した書斎があることで、ご主人様は読書や仕事に集中して取り組むことができるようになります。 特に近年では「テレワーク」が注目されているので、集中して仕事ができるスペースが住宅にも必要になってくることでしょう。 独立した書斎があれば、テレワークでも集中して仕事に取り組むことができます。

また、独立した書斎は、ご主人様のプライバシーを守るにも最適です。 趣味の道具など、家族といえどもあまり触れてほしくないものがあるものです。 独立した書斎があれば、大事な趣味の品などを保管するにも最適でしょう。 また、仕事関係の機密書類なども、独立した書斎があれば保護することができます。

吹き抜け部分から太陽光を取り込む明るいリビング

LDKは、20帖弱を確保しました。 平屋ながら、一般的な2階建てと同程度の面積で設計しています。 ほぼ真四角のシンプルな形状にすることで、無駄なスペースなく広さを確保しています。

建物の中央に旦那様の書斎があるため、LDKの壁から明かりを取ることが困難です。 そこで、勾配屋根を採用し吹き抜けを確保することで、飛び出た面のサイドから自然光を取り込む設計にしました。

さらにリビングには、南向きに大きめの窓を取り付けています。 ここからも、存分に外の光を取り込むことができるでしょう。 北入りの住宅ながら太陽光を取り込む工夫で、リビングが自然に明るくなりました。 また、間取りの設計を工夫することで、平屋でも十分な広さのLDKを実現しています。

勝手口が便利な対面式のキッチン

キッチンは、ご家族とコミュニケーションの取りやすい対面式を採用しています。 料理中でもリビングにいるご家族と話すことができるので、毎日の家事が苦にならなくなるでしょう。

キッチンの収納は、コンロの裏面と書斎側の壁側に確保しています。 壁の2面に収納が完備されているので、多くなりがちなキッチン用品や食器もすっきりと片付けることができます。 たっぷり収納を実現することで、料理の効率が良くなり大変な家事が楽になります。

キッチンは、書斎の壁に隠れる形で、リビングに入ってすぐには見えないように工夫しています。 キッチンはつい散らかりがちなので、生活感が目につかない工夫は非常に嬉しいものです。

また、キッチンには勝手口が設けられています。 勝手口から生ごみなどをすぐに外に出せるため、室内の衛生状態を清潔に保つことができるでしょう。 勝手口の外にごみ箱を保管しておけば、ごみ出しも楽になります。

玄関ホールとリビングのどちらからも入れる2WAYの洗面室

洗面室は、玄関ホールとリビングの両方から入れる2WAYタイプです。 洗面室を使うシーンに合わせて、どちらの入り口も非常に役に立つでしょう。

まず、玄関側の入り口は、シューズクローゼット入り口のすぐそばにあります。 お子さんが外で遊ぶようになると、服などを汚して帰ってくるものです。 そんな時でも洗面室に直行できるので、リビングや廊下を汚すことなく体を洗うことができます。 お掃除の手間も省けるので、家事が一段と楽になること間違いなしです。

また、リビング側の入り口は、キッチンのすぐ真裏にあります。 料理と洗濯を同時に進行しても、両方にすぐにアクセスできるので非常に家事が楽になるでしょう。

玄関がすっきり片付くシューズクローゼット

玄関には、シューズクローゼットを完備しています。 家族全員分の靴や傘、ベビーカーなど外で使う用品をまとめて収納できます。 玄関が散らからないので、来客時に慌てて片付けるなんてことが無くなるでしょう。

また、シューズクローゼットを出ると、洗面室に直行できる配置にしています。 靴などを洗う場合も、すぐに洗面室に持っていけます。 家事において動く距離を短くすることは、労力を減らすことに直結するので非常に重要なことです。

玄関ホールは、あえて狭めに設計しています。 あまり利用することのない玄関ホールの面積を抑え、その分LDKや寝室のスペースを広く取る工夫です。 面積が限られる平屋建てだからこそ、無駄なくスペースを有効活用することが設計では必要になります。

清潔感のある白を基調とした外観

住宅の外観は、白を基調とした清潔感のある雰囲気に仕上げました。 白一色だけではデザイン性に欠けるため、入り口付近をベージュ系のタイル調にして変化を出しています。 同系色でも質感に変化があるだけで、一気におしゃれさが増しています。

屋根形状は、中央に平坦な陸屋根、周りを片流れ屋根と切妻屋根で仕上げています。 複数の形状の屋根が組み合わさることで、シンプル過ぎになりがちな平屋の外観に、複雑さをプラスすることに成功しました。

さらに、玄関扉周りや窓周りを木目にすることでアクセントにしています。 清潔感溢れる白い外壁と木目は、相性も抜群に良いです。 木目があることで、清潔感だけでなく自然なイメージも外観に付与することができました。

リビングから出入りできるおしゃれなテラス

リビングから出入りできる形で、タイルデッキのテラスを設けました。 天気のいい日などは、テラスでゆったりと過ごすのも優雅な生活でいいものです。 2帖ほどの広さがあるので、椅子などを設置してカフェのような雰囲気を出すこともできます。

テラスには屋根がついているので、雨の日のお洗濯でも活躍してくれることでしょう。 洗面所から一直線の位置にあるので、家事の動線もばっちりです。 趣味と実用性の両方を満たした、非常に便利なテラスとなっています。

平屋ながら子供部屋は2部屋完備

2階建てに比べて、どうしてもスペースの限られる平屋の住宅ですが、子供部屋もしっかりと2部屋確保しています。 お子様が成長して個室が必要になっても、全く問題はありません。

子供部屋には、リビングを通って行くように設計しています。 お子様が部屋に帰る際に、必ずリビングにいる両親と顔を合わせるので、コミュニケーションをとるきっかけを作ることができます。 お子様ともしっかりとコミュニケーションをとることで、成長に合わせた困難も一緒に乗り越えていけるでしょう。

子供部屋は、2部屋とも東側に面して設計しました。 朝は窓から日が差し込むため、朝日を浴びながら目覚めることができます。 間取りを工夫すれば、健康的な生活を支えることも可能になります。

住宅の東側に面した寝室

ご夫婦の寝室も、東側に面して設計しました。 お子様だけでなく、ご夫婦も朝日を浴びながら目覚めることができます。 2階建ての場合だと、子供部屋2部屋と寝室のすべてを東側に配置するのは難しいです。 平屋で部屋の配置を工夫したからこそ、限られた敷地内ですべての寝室を東面に集めることに成功しました。

ご夫婦の寝室には、大きめの収納も完備しています。 お二人の衣類を収納するには十分な大きさなので、部屋が散らかる心配もなさそうです。

3台分の広々とした駐車スペース

駐車場は、3台分の広めのスペースを確保しました。
来客があっても車を停めてもらえるスペースがあるため、気兼ねなく人を呼ぶことができます。
ご両親が泊りに来ることもあるでしょうから、来客用の駐車スペースもあると非常に便利なのです。

将来的には、お子様の車を停めることもできます。
実家を出て暮らすようになった場合も、車で帰省することも可能になります。
3台分の駐車スペースは、将来にわたってずっと活躍してくれることでしょう。

平屋建てが自慢のコンパクトな住宅 間取り まとめ

今回は、ご家族4人で十分暮らせる、コンパクトな平屋の住宅をご紹介しました。
間取りの設計を工夫することで、平屋でも子供部屋や書斎を確保することは十分可能です。
平屋でも手狭に感じることはなく、高い天井や吹き抜けなどが相まって、開放感を感じることもできるでしょう。

平屋の住宅を選択しておけば、お子様が自立してご夫婦二人で暮らすようになっても、問題なく住み続けることができます。
段差の無いバリアフリーな住宅なので、年を重ねてから引っ越したり建て替える必要がなくなります。
ぜひ、平屋をご検討中の方は、参考にしてみてくださいね。


関連コラム

家づくりはもちろん、土地探しや資金計画のご相談など、お気軽にご相談ください。

© 2020 NAKAYASHIKI Co. Ltd.