暮らしのコラム

ビルトインガレージを設置した広々リビングの住宅の間取り

注文住宅の間取り 2020年7月8日
画像:ビルトインガレージを設置した広々リビング住宅 間取り

 今回紹介するのは、ビルトインガレージを採用した住宅です。
ご夫婦とお子さん一人が暮らす住宅は、子育てするのに便利な工夫が随所に施されています。
また機能面以外にも、日々の生活を豊かにしてくれる、住宅へのこだわりが満載です。
では、ビルトインガレージと広々としたリビングが自慢の住宅の内装、外装を紹介していきましょう。

画像:ビルトインガレージを設置した広々リビング住宅 間取り

ファミリーカーも収まる大容量ビルトインガレージ

今回の住宅の最大の特徴は、ビルトインガレージを設置している点にあります。
ミニバンのようなファミリーカーを十分に駐車できる、大容量のガレージを設計しました。

ビルトインガレージは、車が好きな男性にとってあこがれの存在ですね。
車をいじったりするのに、最適な空間となってくれています。
さらに、日々の生活で車を使うシーンを考えても、ビルトインガレージは非常に役に立ちます。

もちろん、ビルトインガレージの入り口はシャッターが設置されています。
室内に車を保管しているのと同じ状態なので、風雨などで車が汚れる心配もありませんね。
基本的にシャッターは閉じた状態にしているので、セキュリティーの面でも非常に安心です。
シャッターは電動で開閉できるため、出入りに手間がかからないのもうれしいところです。

ビルトインガレージはシューズクローゼットを経由して玄関に直結

ビルトインガレージが、シューズクローゼットを経由して玄関に直結しています。
外に出ることなく玄関と行き来できるため、雨の日などでも濡れることなく車で外出できます。
また、「プライバシーを守る」という点においても、ビルトインガレージと玄関が直結していることで非常に役立ってくれるでしょう。

さらに、ビルトインガレージと玄関を結ぶシューズクローゼットは、2.5帖と十分な広さを確保しています。
ゴルフバックやベビーカーもおける仕様となっているため、ご主人の趣味や子育ての面でも非常に役立ってくれるでしょう。
重い荷物がすぐに車に積み込めるのも、大きなメリットといえますね。

玄関ホールには、お子様の兜飾りを飾る玄関床が設けられています。
お子様の成長を願う装飾品等を玄関に配置すれば、来客者の目を引くこと間違いないでしょう。

吹き抜けが自慢の広々としたリビング

LDKは23帖強と、かなり広めに作られています。
将来お子様が増えたり成長しても、手狭に感じる心配はありません。

さらにリビングには、吹き抜けが設計されています。
ただでさえ広めのリビングですが、吹き抜けを採用することで、さらに開放感のあふれる空間に仕上げることができたのです。
吹き抜けは採光の面でも優れているため、常に明るいリビングを演出することができるでしょう。

2階へと続く階段は、リビング階段が採用されています。
2階の部屋から降りてきたときは必ずリビングを通る設計なので、お子さんやご主人の外出時に必ず顔を合わせることになります。
コミュニケーションをとるうえでは、非常に役立ってくれる作りといえるでしょう。
リビングでくつろいだ後、簡単に自室に戻ることができるのもうれしい点です。

また、キッチンは対面式が採用されています。
リビングにいる人と会話をしながら料理ができるため、毎日の家事も楽しくなることでしょう。
また、お子さんが小さいうちは、リビングで遊ぶお子さんを見守りながら家事ができるため安心です。

キッチンには、キッズカウンタースペースも完備しています。
忙しい朝などは、キッズカウンターでお子さんに朝食をとってもらえば、スムーズに学校に送り出すことができるでしょう。
また、キッズカウンターで勉強させれば、家事をしながら勉強を教えることもできますよね。

リビングとビルトインガレージを結ぶ大きな窓

リビングとビルトインガレージは、大きな掃き出し窓で仕切られています。
ベランダに出るようにビルトインガレージに出ることができるので、ガレージをお子さんの遊び場としても活用

できるでしょう。
ちょっと車に忘れ物をした時でも、すぐに取りに行けるため非常に便利ですね。

また、大きな窓からは、いつでも車を見ることができます。
車がインテリアの一部として機能してくれるため、非常におしゃれな空間を演出できるのです。
車好きな方なら、うらやましいと思うこと間違いなしですね。

さらに、機能面でもリビングとビルトインガレージを結ぶ窓は活躍してくれます。
たとえば、車で買い出しに行った時も、リビングに直接荷物を運びこめるため非常に楽ちんです。
リビングとビルトインガレージを結ぶ大きな窓は、様々な面で暮らしに潤いを与えてくれているのです。

黒を基調としたおしゃれな外観

外壁は、黒を基調としたシンプルモダンに仕上げています。
木目の茶色でアクセントが加えられており、非常にかっこいい見た目を実現できました。
黒と木目の相性は抜群で、シックで大人な雰囲気の住宅に仕上がっています。

また、外壁の素材にも変化を持たせ、アクセントとして効果をさらに増しています。
黒の部分はガルバリウム鋼板、木目の部分は木目調のサイディングを採用し、質感にも違いを持たせました。
異なる素材を使用していますが、相性は抜群で、シンプルながらかっこいい外観の住宅を実現できました。

さらに、複数の屋根を組み合わせることで、建物自体のデザインが、おしゃれになる工夫が施されています。
キューブ型でモダンな形状も、住宅のカッコよさをさらに増してくれています。

黒を基調とした外観は、周囲の住宅に比べ非常に目を引きますね。
とは言え、周囲との調和を乱すこともなく、個性を演出するにはぴったりの外観に仕上がっています。

勝手口を出たらタイルデッキのごみ置きスペース

キッチンには、すぐに外に出られる勝手口が取り付けられています。
キッチンで出たゴミも、すぐに外に出しておくことができるでしょう。

ごみ置きスペースをタイルデッキに仕上げることで、大きなごみ箱を設置しても見た目が悪くなることもありません。
もし床が汚れたとしても、タイルなのでお掃除も非常に簡単です。

また、タイルデッキは広めに作られているので、お子さんの遊び場としても活用できます。
土などで汚れることなく外で遊ばせることができるので、洗濯物も少なくなるかもしれませんね。

各所に配置した収納力抜群のクローゼット

住宅を設計する際、ご夫婦が最優先項目として挙げられていたのがたっぷり収納です。
収納が少ないと物があふれてしまい、せっかくのおしゃれな内装が台無しになってしまいますからね。

もちろん、ご夫婦の希望にお答えし、たっぷりの収納を随所に取り入れています。
2階にあるご夫婦の寝室には、5帖近くにもなるウォークインクローゼットが設置されています。
ご家族全員分の衣類を収納しても十分なスペースがあるので、将来的に衣類が増えても困る心配はないでしょう。
ウォークインクローゼットに鏡を設置しておけば、外出の準備をすべて一か所で済ませることができるようにもなります。

さらに、階段下にも収納は設置されています。
デッドスペースを有効活用し、随所に収納が取り入れられているのです。

キッチンがきれいに片付くウォークインのパントリー

キッチンには、ウォークインのパントリーが設置されています。
可動式で5段の棚が設置されているので、食器やキッチン用品をすべて片付けることができるでしょう。

また、パントリーには冷蔵庫を設置するスペースもあります。
必要なものはパントリーに収めることができるので、キッチンがすっきりした印象になります。
もちろん、料理をする時の動線も考えてパントリーを設置しているので、家事が楽になること間違いなしです。

大きな窓はすべてシャッターで保護

建物に設置されている大きめの窓には、すべてシャッターが取り付けられています。
シャッターを閉めれば家の中の様子は全くうかがえないため、プライバシーの保護には最適といえるでしょう。

また、シャッターは非常に丈夫なので、台風などの影響で窓が破損する心配もありません。
シャッターなら閉めるだけで台風対策ができるので、後々のランニングコストも低減することができるでしょう。
近年、台風被害が増加しているので、防災対策としても非常に有効です。

洗面所はキッチンから直結の2WAY

洗面所は、キッチンと玄関側の両方に出入り口のある2WAYタイプを採用しています。
キッチンから洗面所にダイレクトに行けるため、料理と洗濯を並行して行う場合も非常に便利です。
家事で動く距離が少なくなるので、時短にとても役立つ造りといえるでしょう。
毎日の家事は大変なので、労力を最小限に抑えることは非常に重要ですね。

また、玄関側にも出入り口があることで、帰宅して直接洗面所に行くことができるようにもなります。
雨に濡れたり汚れて帰宅した場合でも、リビングを汚す心配はありません。
お掃除の手間を省くことにもつながるので、奥様にとっては外せない選択肢となりました。

2階には洋室が3部屋

2階には、洋室が3部屋設けられています。
2部屋は6帖程度の子供部屋、残りの1部屋は約8.5帖の夫婦の寝室です。
夫婦の寝室にはウォークインクローゼット、それぞれの洋室にもクローゼットが完備されているため、荷物があふれる心配はありません。

2部屋ある洋室は、お客様の寝室として活用できるでしょう。
将来的には、子供部屋としても活用できます。
お子さんが増えた場合も、2部屋あるので安心ですね。

2階には室内干しスペースを完備

2階には、室内干しのためのスペースを確保しています。
雨の日でも洗濯物を干すことができるので、天気を気にして洗濯をする必要がありません。

室内干しスペースは、バルコニーにつながっています。
そのため、急な夕立が降ってきても、バルコニーに干した洗濯物を簡単に室内に避難させることができるのです。
洗濯物が雨に濡れてしまったら、お洗濯のやり直しとなってしまい非常に手間ですよね。
近年、ゲリラ豪雨が増えてきているため、広めの室内干しスペースは家事を楽にしてくれること間違いなしです。

屋外駐車スペースは2台分

ビルトインガレージに加え、屋外にも駐車スペースを確保しています。
屋外の駐車スペースは、小型車2台分です。
ビルトインガレージを含めると、3台分の駐車スペースがあることになります。

ご夫婦の車を駐車しても、1台分は空きがあるということになりますね。
ご友人を呼んでも駐車スペースがあるため、気兼ねなくホームパーティーなどを楽しむことができるでしょう。
また、お子様が大きくなり車を購入した場合も、駐車スペースで困る心配はありません。

ビルトインガレージを設置した広々リビング住宅間取りまとめ

ビルトイン ガレージを設置した広々リビング住宅 間取り

今回ご紹介した住宅は、ビルトインガレージが特徴的な住宅でした。
ビルトインガレージを採用することで、趣味が楽しくなるだけでなく生活面にも大きなメリットがあるようですね。
ビルトインガレージにあこがれる方にとっては、参考になったのではないでしょうか?

ビルトインガレージの他にも、家事が楽になる工夫が随所に施されています。
特に、収納がたっぷりあるお宅のため、参考になる部分は多いかと思います。
ぜひ、あなたの理想の住宅を実現するために、参考にしてみてくださいね。


関連コラム

家づくりはもちろん、土地探しや資金計画のご相談など、お気軽にご相談ください。

© 2020 NAKAYASHIKI Co. Ltd.