暮らしのコラム

ご主人が趣味を満喫できるバイクガレージのある住宅の間取り

注文住宅の間取り 2020年7月1日
ご主人が趣味を満喫できるバイクガレージのある住宅 の間取り

 今回ご紹介するのは、バイクガレージが自慢の住宅です。
趣味がバイクというご主人のご希望に沿って、こだわりのバイクガレージを設置しています。
また、ご主人の趣味だけでなく、奥様がご希望する対面キッチンを採用しています。
では、バイクが趣味のご主人と奥様が住む素敵なお宅の内装・外装を詳しく紹介していきましょう。

画像:ご主人が趣味を満喫できるバイクガレージのある住宅の間取り

玄関からもバイクが見える自慢のバイクガレージ

お宅の中でも最も存在感を放っているのは、なんといってもご主人自慢のバイクガレージでしょう。
バイクがご趣味であるご主人のこだわりを、細部にまで反映して設計しています。

バイクガレージの最大のこだわりは、玄関からしっかりと内部が見られるように設計されていることです。
玄関を行き来するたびに自慢のバイクが目に入るので、出勤する時にも気合が入ること間違いなしでしょう。
何か物音がして心配な時も、外に出ることなくすぐに確認に行くことができます

また、玄関とガレージは人の行き来ができる掃き出し窓で仕切られています。
掃き出し窓とは、ベランダと部屋を仕切っているような、段差のない大きな窓のことです。
掃き出し窓を採用することで、ベランダに出るように気軽にバイクガレージに行けるため、いつでもバイクをいじりに行くことができます。
大きな窓を採用しているため、玄関からバイクの全体像もしっかりと楽しむことができますね。

バイクガレージは、バイクが趣味の方にとってはあこがれの設備といえるのではないでしょうか。
あこがれを実現したご主人は、非常にうらやましいですよね。
趣味に没頭できる特別な空間は、日々の生活に潤いを与えてくれること間違いなしです。

吹き抜けにして広がりを感じさせる玄関

玄関には、あこがれる人も多い吹き抜けが採用されています。
吹き抜けのおかげで、明るく広がりのある玄関に仕上がりました。
天井が高い玄関は、内装に広がりを感じさせてくれるのです。

玄関は、住宅の顔そのものです。
開放感あふれる吹き抜けの玄関は、それだけで建物のおしゃれ度合をワンランクアップしてくれること間違いなしです。
もちろん、吹き抜けには窓も取り付けてあるので、非常に明るく素敵な玄関に仕上がっています。

また、玄関にはシューズクローゼットも完備されています。
傘や靴以外も収納できるスペースがあるので、何かと散らかりがちな玄関をすっきりと片付けることができるでしょう。

白と黒のモノトーンでスタイリッシュな外壁塗装

建物の外壁は、白と黒を基調としたモノトーンに仕上げています。
黒が多めに配置されたスタイリッシュな配色は、モダンな外観を一層引き立ててくれています。
大胆に塗り分けられた外壁は、それだけで周囲の人の目を引くかっこいい仕上がりになりました。
無機質でクールな印象は、バイクが趣味のご主人にもピッタリとマッチしていますね。

さらに、アクセントとして入れてある木目部分も、カーボンブラックのものを採用して印象付けています。
黒で塗られた外壁と統一感があり、悪目立ちすることなく落ち着いた雰囲気を醸し出していますね。

一方で、木目の質感も生かされているため、アクセントとしての効果も抜群です。

黒を基調とした外壁はそれほど多くはありませんが、周囲との調和にも優れています。
とはいえ、数ある住宅に埋もれない個性は強調できるので、周囲の注目を集めること間違いないでしょう。

キューブ形状に片流れ屋根を組み合わせたモダンな外観

建物全体の形状は、キューブ型が採用されています。
モノトーンの外壁色と相まって、モダンな印象をさらに引き立ててくれています。
スタイリッシュでモダンなデザインは、モノトーンの外壁色との相性もピッタリです。

キューブ型の住宅は、エッジが効いており都会的な雰囲気も相まっています。
黒や白のようなはっきりとした色を採用することで、一層エッジを引き立ててくれていますね。

また、屋根は最近人気の片流れ屋根が採用されています。
片流れ屋根とは、屋根が斜めに切り取られた形状のもののことです。
通常の三角屋根に比べモダンな印象を演出できるため、最近の住宅に採用されることが増えています。

キューブ型の建物に採用することで、モダンな印象はさらに引き立てられます。

今回の住宅では、片流れ屋根を玄関部分と2階部分で、異なる方向に組み合わせて設置しています。
単調になりがちな片流れ屋根ですが、屋根を2方向に分けることでスタイリッシュなデザインを演出できました。

シンプルながら一体感のあるI型LDK

LDKには、一体感を感じさせるI型タイプを採用しています。
リビング・ダイニング・キッチンが、一直線に配置されているため、シンプルかつ無駄のない作りとなっています。
さらに、キッチンは洗面所に近い場所にあるので、家事の効率が上がること間違いなしです。

LDKは一直線に配置されているため、実際の広さよりも全体的に広く感じさせる効果もあります。
LDKは16帖強と比較的コンパクトですが、狭さを感じることはなくゆったりとした暮らしを実現できているのです。

リビングには、2階へと続くリビング階段が設置されています。
階段口はキッチンの正面となっているので、2階から人が降りてきたらすぐにわかるようになっています。
将来お子さんができた場合は、2階の部屋から降りてきたのが一目でわかり、コミュニケーションをとるきっかけを作ることができるでしょう。

また、リビングを含め、こちらの住宅には和室がありません。
一貫して洋風なデザインとなっているため、現代風な暮らしを存分に楽しむことができますね。

リビングにいる人と会話しながらお料理できる対面型キッチン

キッチンは、対面型を採用しています。
リビングを見渡せる作りとなっているため、リビングに注意を払いながら料理ができる設計となっています。

将来お子さんができた場合でも、リビングで遊ぶお子さんを見守りながら家事ができます。

リビングとキッチンが一直線のI型LDKは、対面型キッチンと非常に相性が良いです。

キッチンからリビングが近いため、会話しながら家事ができるのもうれしいメリットです。
常に会話のあるリビングを実現できるので、夫婦仲を良好に保つことにも役立ちます。
ホームパーティーを開いた場合なども、友人と会話しながら準備ができますね。

また、キッチンには直結する裏口が取り付けられています。
キッチンからすぐに外に出られるため、ごみ捨てなどにも非常に便利です。

1階の寝室には3帖強の広々としたウォークインクローゼット

1階には、LDKとは別にご夫婦の寝室が設計されています。
7帖程度と十分な広さがあるため、ご夫婦お二人なら1階だけでも問題なく生活できます。

さらに寝室には、3帖強のウォークインクローゼットが設置されています。
ご夫婦2人分の衣服を収納するには、十分な広さを確保できていますね。
将来お子さんができたとしても、収納量に問題はないでしょう。
大量の服を片付けることができるので、部屋を綺麗に維持するのに役立ってくれます。

また、収納量がそこまで多くないのなら、鏡を置いて着替えのスペースなどとしても活用できます。
何かと使い勝手の良い広さなので、状況に応じて使い方が変化できるのもうれしいですよね。

2階には6帖の洋室が2部屋

2階には、6帖の洋室が2部屋配置されています。
ご夫婦の寝室は1階にありますので、2階の部屋はそれぞれが個人で使うこともできますね。
ご夫婦といえども一人の時間は必要でしょうから、個人それぞれで使える部屋は非常にありがたい存在となります。

また、来客用の寝室としても活用できるでしょう。
将来お子さんができた場合には、子供部屋としても活用できます。
生活の変化に合わせて様々な用途に変えられるので、将来的に部屋不足などに困る心配はないでしょう。

2階の部屋の一つには、約2.5帖のウォークインクローゼットも完備されています。
1階のクローゼットと合わせると、かなりの容量を収納することができますね。

2階にはインナーバルコニーも完備

2階には、インナーバルコニーが完備されています。
屋根のあるインナーバルコニーは、雨の日などに洗濯で活躍してくれるでしょう。
奥行きも十分確保しているため、風で雨が吹き込む心配もほとんどありません。

観葉植物を育てることもできる、ある程度の広さも確保したインナーバルコニーのため、家庭菜園を楽しむのもいいでしょう。
自分で育てた野菜を食べることができるのも、インナーバルコニーのある住宅の魅力といえるかもしれません。

また、椅子を設置しておけば、気軽に屋外で読書などを楽しめるスペースともなります。
インナーバルコニーは、家事と趣味の両面で活躍してくれるので、あると非常に便利な設備といえますね。

駐車場もきっちり2台分を確保

駐車場は、中型1台、小型1台の2台分を確保しています。
夫婦二人で住むお宅には、十分な量といえますね。
夫婦で使う車は1台にして、もう1台分のスペースを来客用として準備しておくこともできます。

駐車場は、住宅の前面に2台別々に配置されています。
縦に2台連なるような配置ではないので、出入りで車を動かすなどの面倒さはありません。
駐車が楽なことも、駐車場では非常に重要なことです。

駐車場の奥には、バイクガレージへと続くスロープも完備しています。
バイクガレージからバイクを出すのも、非常に楽になっていますね。
スロープがあれば、バイクが転倒する危険も防ぐことができます。
細部までバイクの事が考えられており、ご主人も大満足の住宅となっています。

ご主人が趣味を満喫できるバイクガレージのある住宅の間取りまとめ

画像:ご主人が趣味を満喫できるバイクガレージのある住宅 の間取り

今回の間取りはいかがだったでしょうか?
バイクが趣味の方にとっては、とても参考になったのではないでしょうか。

また、全体的に収納が多く、家事の動線が楽になるように仕上がっています。
趣味に特化するだけでなく、日々の生活のことも考えた間取りといえるでしょう。
バイクガレージ付きの住宅をご検討している方は、ぜひとも参考にしてみてください。

バイク好きの設計企画課の
森永について >


関連コラム

家づくりはもちろん、土地探しや資金計画のご相談など、お気軽にご相談ください。

© 2020 NAKAYASHIKI Co. Ltd.