暮らしのコラム

家を建てる なら注文住宅がいい?メリット・デメリットを理解し よう

注文住宅の間取り 2020年6月22日
家を建てる なら注文住宅がいい?メリット・デメリットを理解し よう

 一生のうちで最大の買い物になるであろうマイホームを購入する際、注文住宅も選択肢の一つになりますよね。
せっかく大金を支払って、住宅を購入するのですから、希望はできるだけかなえたいものです。
注文住宅なら、あなたの希望を最大限マイホームに反映できるでしょう。

ただ、注文住宅がすべてのケースにおいて最適というわけでもありません。
注文住宅にもそれなりにメリット・デメリットはあるため、それらを把握したうえで最適な選択をすることが住宅購入では必要でしょう。

一生住み続けることになる家ですから、事前にしっかりと調査して後悔のない家づくりをしたいものですね。
そこでここでは、注文住宅のメリット・デメリットについて詳しく紹介していきましょう。
ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅のメリット

 まずは、注文住宅のメリットについて詳しく紹介しましょう。
一般的な建売住宅に比べると、注文住宅には以下のようなメリットがあります。

高いレベルで自分の希望の住宅を実現できる

 そもそも注文住宅には、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類があります。
フルオーダー住宅は、間取りはもちろん、建材や設備のデザインまで、すべてお施主様が指定する注文住宅です。
対して、セミオーダー住宅は、基本的な間取りや仕様はあらかじめ決められており、色や材質などをお施主様が指定する注文住宅になります。

フルオーダーの注文住宅の場合、自分の希望を最大限実現できることは言うまでもありませんね。
間取りに始まり、キッチンの形状やお風呂の広さ、外部や内部に使う建材まで自由に指定することが可能です。
決めなければならないことが多いフルオーダーですが、細部まであなたの希望をかなえた住宅を実現できます。

セミオーダーの注文住宅であっても、建売住宅に比べるとかなり自由度は高いといえます。
壁紙の色やフローリングの種類など基本的なことはもちろん、キッチンや洗面の設備も自由にグレードアップすることが可能です。
さらに、間取りも御要望に合わせてカスタマイズすることができます。

セミオーダーの注文住宅は、価格を抑えながら希望の住宅を実現できるので、近年増加傾向にあります。

効果的な予算配分ができる

特にこだわりの少ない部分については、最小限の機能や安価な建材を指定することも可能です。

一言で言えば、予算の調節が可能ということですね。
「注文住宅は高額」というイメージがありますが、工夫次第では予算を抑えることも可能なのです。
とは言え、建売住宅ほど安価になることはありませんが・・・

予算に応じて、こだわる部分に費用をつぎ込めるという点も、注文住宅の大きなメリットといえるでしょう。
たとえば、料理が趣味なら「キッチンだけは良い設備にする」といった感じです。
あなたの趣味や嗜好に合わせた住宅を予算内で作ることも、注文住宅なら可能になります。

建築の経過をチェックできる

注文住宅は、住宅の仕様をあなたが全て決めていきます。
つまり、あなたがゴーサインを出して、はじめて工事がスタートするというわけです。
ということは、建築の経過を逐一チェックすることができます。

注文住宅であれ建売住宅であれ、非常に高額な買い物となります。
できればトラブルなく、気持ちよく取引したいものですよね。
その点を考えてみると、着工から竣工までお客様自身が目で見て確認できる注文住宅は、建売住宅に比べて安心して住むことができると言えるでしょう。

家族だけの1点物の住宅に愛着がわく

注文住宅は、お施主様が希望する設備や建材を使い建築されます。
当然、世界に同じものが2つ存在するということはないでしょう。
つまり、お施主様の家族だけの1点物の住宅ということになります。

せっかくのマイホームですから、「他の人と同じは嫌」と考える人も多いでしょう。どこにでもあるありふれたものには、なかなか愛着もわかないものです。
同じものが二つとない住宅なら、より一層マイホームに愛着がわくことは間違いありません。

資産価値が高くなる傾向にある

注文住宅は、建売住宅よりも資産価値が高くなる傾向にあります。
使用している建材や設備がグレードの高いものになりがちなので、査定価格が上がるのは当然のことともいえます。
ただ、それほどグレードの高くない設備や建材でも、画一的な建売住宅よりは価格が高くなるものです。
そのため、将来的に売却することになっても、有利になるケースが多くなります。

ただし個性的すぎる家は、どれだけグレードの高い資材を使っても、買い手が付きにくく売却価格が下がりがちです。

注文住宅のデメリット

次に、注文住宅のデメリットについて詳しく紹介します。
以下のデメリットを考慮して、建売と注文住宅のどちらがいいのか検討するとよいでしょう。

コストが高くなりがち

一生住み続けることになる住宅ですから、細部にまでこだわりたいと思うものです。
あれもこれもと機能追加したり、グレードの高い建材を使用することで、みるみる費用は高くなってしまいます。
こだわればこだわるほど、費用が掛かるのは避けることができないでしょう。

ただし、予算を設定してこだわるポイントさえ絞ってしまえば、予算内に収めやすいのも注文住宅です。
住宅設計のプロがしっかりとヒアリングを行うため、予算内でも充分に、満足度の高い住宅を完成させることができます。

完成するまで実物を確認できない

注文住宅は、お施主様の希望を反映したうえで住宅を設計し、ゴーサインが出て初めて工事がスタートします。
当然、お施主様の希望が随所に反映されているため、見本となる建物はありません。
オンリーワンの住宅となるので、完成するまで実物を確認することはできないのです。

打ち合わせが不十分であったり、希望が上手く伝わっていかったりすると、完成後「イメージと違う」なんてことになるかもしれません。
このようなことにならないよう、面倒でも打ち合わせにしっかりと時間を取り、納得がいくまで話し合ってからゴーサインを出すことが肝心です。

建売住宅に比べると、打ち合わせに時間を取られることも、人によってはデメリットに感じるかもしれません。

最近では、3Dパースなどでリアルな完成図を作成してもらうこともできますし、モデルハウスや施工例を見ながらの打ち合わせも行います。
実物を確認しなくても理想通りの家を完成させるために、様々な工夫を凝らして打ち合わせを進めていきます。

完成まで時間がかかる

先程も話に出ましたが、注文住宅はお施主様のゴーサインのあと工事がスタートします。
そのため、建売住宅に比べて戸建て住宅を検討し始めてから入居までの時間がかかってしまいます。
注文住宅の場合、一般的には初回面談から住宅着工までに約3ヶ月、そこから完成・入居までに4ヶ月程度かかります。

その点、建売住宅ならすでに完成している住宅を購入するので、比較的早く入居することができます。

ただ、住宅は一生に一度の買い物ですから、しっかり考えた上で、いろいろなことを決めていきたいですよね。
自分のこだわりを実現するものと思えば、完成までに待っている時間も楽しいものです。

契約までの工程が複雑

建売住宅は、土地と建物がセットで売られているため、一括の契約で購入することができます。
一方、注文住宅の場合は、土地の取得と家の建築を別で行う必要があるケースがあります。

この場合、土地と建物で別々のローンを組む必要が出てきて、手続きが複雑化してしまうケースがあります。

円滑に住宅の建設を進めるには、資金計画等、事前の打ち合わせが重要なため、なかやしきでは、専属の営業担当者がついて、土地の検討から入居までをスムーズに進めることができるようアドバイスを行います。

注文住宅はこんな方に向いています。

あなた好みの自由なデザインが可能な注文住宅ですが、メリットばかりではありません。
デメリットも少なからずあるため、すべての人が注文住宅に向いているとはいえないでしょう。
では、注文住宅が向いているのはどのような人なのでしょう。

注文住宅に向いている人は、多少費用がかかっても自分のこだわりを実現したい方です。
こだわりを実現するために、手間と時間を惜しまない方なら、きっと満足できる注文住宅を完成させることができるでしょう。
ただし、すべてのこだわりが実現できるわけではないので、予算に応じた妥協点を持つことも重要です。

逆に、こだわりは諦めてもいいから、費用をなるべく抑えたい方は、建売住宅が向いているといえます。
建売住宅といっても、すべてが同じものではないため、いろいろなモデルハウスを見学して、お気に入りのものを探すのも一つの手といえます。

注文住宅をお考えなら、「なかやしき」にご相談ください

マイホームを自分の理想に近づけたいのなら、注文住宅を選ぶべきでしょう。
注文住宅におけるデメリットをきちんと管理し、メリットを最大限に活かす選択を行えば、あなたの注文住宅はきっと理想的なものとなってくれるはずです。

ただ、間取りや外装など、どのようなものが選べるのかわからないことも多いでしょう。
そんな時は、なかやしきのサイトに掲載している間取りや施工例を参考にしてみてください。

なかやしきのサイトでは、これまで注文住宅を検討してきた方々の住宅が、多数掲載されています。
きっと、あなたの希望を叶えるために参考になるものが見つかると思いますよ。


関連コラム

家づくりはもちろん、土地探しや資金計画のご相談など、お気軽にご相談ください。

© 2019 NAKAYASHIKI Co. Ltd.