暮らしのコラム

「ロイヤルSSS構法」を支える縁の下の力持ち ~自社プレカット工場で叶うこと~

家づくりについて 2020年1月7日

こんにちは!北九州を拠点に住まいづくりに携わり130年になる「なかやしき」営業の上谷です。今回は、木材の仕入れから加工、建築までワンストップで行うなかやしきの自社プレカット工場について、ちょっとお話してみたいと思います。

プレカットをご存知ですか?

そもそも「プレカット」という言葉を皆さんお聞きになったことはありますか?一般的にはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、これは、住宅建設に使用する木材を工場の機械であらかじめ加工しておくことをいいます。コンピューター制御による機械で加工するため、高精度で安定した加工が可能。現場ではほぼ組み立てるだけとなり、職人さんの技量や建築現場の天候に左右されない上、施工期間が大幅に短くなるなどメリットはたくさん。そのため、現在の木造建築の主流となっています。

北九州でNO1の生産能力、自社プレカット工場

このように日本の建築現場を支えるプレカット加工ですが、ほとんどの建築会社ではプレカット工場をもたず、加工された木材を他社プレカット工場から購入し施工します。しかし当社では、当社採用の「ロイヤルSSS構法」で最高の木材を使いたいという想いから自社プレカット工場を持ち、内製化。自分たちの目で一本一本木材の性質を見極め、高精度な加工で、高品質な住宅を提供しています。

ロイヤルSSS構法を支える自社工場

当社が採用する「ロイヤルSSS構法」というのは、一言で言えば、木の力を最大限に発揮できる工法です。木と木の接合部分である仕口の削りを最小限にとどめ、内蔵したピンで2方向からガッチリ固定することで、耐久性の高い住宅づくりが実現します。

そんなロイヤルSSS構法の仕口加工ですが、実は人の手では到底無理。寸分の狂いもない高精度な加工が求められるため、プレカット工場でのコンピューター制御による機械加工は必須です。そしてロイヤルSSS構法の仕口加工ができるのは、九州では実質当社のプレカット工場のみなのです。

ロイヤルSSS構法を支える当社のプレカット工場。ちなみに、当工場は北九州でNO.1の生産能力があるんですよ!


関連コラム

家づくりはもちろん、土地探しや資金計画のご相談など、お気軽にご相談ください。

© 2020 NAKAYASHIKI Co. Ltd.