暮らしのコラム

オシャレに見せる“ほんのちょっとの工夫” ~外×中の素材をつなげてハイセンスな家~

家づくりについて 2022年4月21日

こんにちは。n-BASEHome営業の大下本です。

私たちがお客さまの家づくりをお手伝いする際、一生住む家だからこそ、ご家族にとって居心地の良い家であってほしい、自慢したいと思える家であってほしいと思っております。

そこで今回は、同じ間取りでも見え方が全然オシャレになる“ほんのちょっとの工夫”をお伝えさせていただきます。

さて、こちらは外壁材を室内にも使った例です。

一方、こちらは本物の木の板を中と外の天井に使用した例です。

いかがでしょう?大変オシャレに見えませんか?

これらの施工例で共通するのは、壁や天井などの素材を建物の外と中で統一していること
そうすることにより、壁による境界がなくなり、空間につながりが生まれ、より広く、より洗練された印象になるのです。

もちろんこの見せ方は、天井までの大きな窓を採用できる住宅メーカーにしかできないことですが、弊社では、耐震等級3という地震に対する性能が最高等級の住宅を全棟標準仕様としておりますので問題なく施工可能です。

ただ、これって確かに大変オシャレにはなるのですが、それだけコストがかかるのも事実です。

家づくりでは、設備にもこだわりたいし、照明やカーテン・家具などにもお金はかかる、この部分だけに大幅なコストをかけられない…というお客さまももちろんいらっしゃいます。

そのような場合、私は別の素材で代替することをオススメしております。

例えば、室内の天井部分は木目の壁紙で代替する。これで、先程の例に比べて、かなり費用を抑えることができます。

最近の壁紙は木の風合いに近いものが多いです。感じ方に個人差があるので一概には言えませんが、本物の木を使った場合に比べ、それほど大きな差は感じないと思います。

むしろ、木目の壁紙は価格以上のオシャレさを演出し、見る人に大変こだわっている印象も与えてくれます。まさに“ほんのちょっとの工夫”でハイセンスなお家を手に入れることができるのです。

ただし、こんな工夫って、お客さまからご要望をいただかなければ、基本的には住宅メーカーからご提案することはありません。結果、知らないままマイホームを建ててしまい、「こんなことができるの?建てる前に知っていれば」と大きく後悔することも…。

その点、3000棟以上の建築に関わってきたなかやしきなら、長年蓄積した知識もノウハウも豊富で、お客さまに合わせて様々なご提案をさせていただくことが可能です。今回ご紹介させていただいたもの以外にも、オシャレに見せる工夫は豊富にストックしております。

「同じように見える家でも、他の人とは違った家にしたい」
「友だちを呼んだ時に自慢できるオシャレな家に住みたい」
そのようなお客さまは、ぜひなかやしきまでお問合せ下さいませ。

n-BASEHome/0120-154-784(電話受付時間/10:00〜18:00)


関連コラム

家づくりはもちろん、土地探しや資金計画のご相談など、お気軽にご相談ください。

© 2020 NAKAYASHIKI Co. Ltd.