暮らしのコラム

営業・大下本のひとりごと  ~「誰かの喜ぶ顔を見たい」がスタート~

家づくりについて 2020年6月30日

こんにちは!北九州を拠点に住まいづくりに携わり130年になる「なかやしき」営業の大下本です。今回は、私のことについてちょっとお話したいと思います。

価値ある土地&高性能な住宅をご提案! 

新卒で入社して3年になる私が、就活中に決めていたことは「誰かの喜ぶ顔を見られる仕事に就きたい」ということでした。そんな職業で探していた中、会社の雰囲気が良く、一番自分らしく働けると感じたのが、なかやしきだったんです。

現在は営業を担当しており、お客さまの様々な相談に乗らせていただいています。展示場などをご案内した際、「来て良かった」「自分たちの家のイメージが湧いてきた」などと笑顔で言ってもらえることが、一番嬉しい瞬間ですね。

お客さまからは「良い土地が多い」「とにかく性能が良い」という感想をよくお聞きします。なかやしきは材木店から始まったという経緯もあり、高性能の木造住宅を価値のある土地とともにご提供できるのが強みです。その魅力をお客さまにお伝えするのが私たちの役目。今後もお客さまのご要望を丁寧に聞き取り、弊社が長年培ってきた技術力で理想の家づくりのお手伝いをしたいと考えています。

信頼できる会社・人とつくる家

そんな私の休日は、家で映画を観たり、録画していたドラマやバラエティー番組を観ることが多いですね。時には散歩でリフレッシュしたり、スポーツを楽しんだりもしています。

家は“どこで建てるか”も大事ですが、“誰と建てるか”もとても大切だと感じています。ほとんどの方にとって家づくりは一生に一度のことですから、信頼できる会社・人にお願いしてほしいなと思います。ぜひ、なかやしきのモデルハウスにお越しいただき、納得できるマイホームを建ててください。


関連コラム

家づくりはもちろん、土地探しや資金計画のご相談など、お気軽にご相談ください。

© 2019 NAKAYASHIKI Co. Ltd.